昨年パラグライダーで事故死の写真家空撮写真 サミットポスターに採用 – 産経ニュース


昨年パラグライダーで事故死の写真家空撮写真 サミットポスターに採用
産経ニュース
主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)のPRポスターには、会場となる賢島(三重県志摩市)の全景を空撮した写真が使われている。撮影者の松本高正さん=当時(79)、同市=は、モーター付きパラグライダーで志摩半島周辺の空撮を続け「志摩の鳥人」と呼ばれたが、昨年5月に ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの中の動物が反応する!博報堂が写真展「脳よだれ展」を開催 – 日刊アメーバニュース


あなたの中の動物が反応する!博報堂が写真展「脳よだれ展」を開催
日刊アメーバニュース
株式会社博報堂プロダクツ(以下博報堂プロダクツ)・株式会社博報堂(以下博報堂)は、同社のフォトグラファーとアートディレクターがタッグを組んだ写真展「脳よだれ展(BrainDrool)」を2016年6月22日(水)~29日(水)の期間中、表参道スパイラルガーデンにて開催すると発表 ...

and more »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤郁 初の写真展開催で元「アイドリング!!!」後輩たちに「絶対に来い!」と厳命? – News Lounge(ニュースラウンジ)


News Lounge(ニュースラウンジ)

後藤郁 初の写真展開催で元「アイドリング!!!」後輩たちに「絶対に来い!」と厳命?
News Lounge(ニュースラウンジ)
女優・後藤郁(ごとう・かおる、20)が24日、東京・恵比寿の弘重ギャラリーで写真展 Vol.1『~a girl~』の開催にあたり、報道陣向けに囲み会見を開いた。 18歳の2014年6月に『アイドリング!!!』を卒業しその後、活動を休止。そして、今年2月、舞台『ダンガンロンパ THE ...
後藤郁、芸能界復帰で初の写真展BIGLOBEニュース
後藤郁が初写真展、テーマは「“アイドル”から“女優”へ」サンケイスポーツ
後藤郁、女優復帰で気合「負けないよう」日テレNEWS24
マイナビニュース
all 6 news articles »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトリエ、写真展の開催が決定! “フユノ”MVを改めて写真で堪能 – RO69


musicman-net

ヒトリエ、写真展の開催が決定! “フユノ”MVを改めて写真で堪能
RO69
ヒトリエ、写真展の開催が決定! “フユノ”MVを改めて写真 ヒトリエが、最新アルバムに収録されている“フユノ”のミュージックビデオをフィーチャーしたPhoto Exhibition「Fuyu-no」を開催することを発表した。 真冬の北海道洞爺湖にて撮影を敢行した今作を、映像監督兼撮影監督 ...
ヒトリエ、「フユノ」MVをフィーチャーした写真展『Fuyu-no』開催決定musicman-net

all 3 news articles »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィギュア選手13人の熱演を紹介 大阪で報道写真展 – 朝日新聞


フィギュア選手13人の熱演を紹介 大阪で報道写真展
朝日新聞
日本スケート連盟に所属するフィギュアスケートの特別強化選手13人の活躍を紹介する「フィギュアスケート報道写真展」(朝日新聞社主催、日本スケート連盟後援)が25日、大阪市のあべのハルカス近鉄本店で始まった。観覧無料で、31日まで(26、27日は臨時休業)。

and more »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉の美術館で展示 – 毎日新聞


千葉の美術館で展示
毎日新聞
アメリカ現代美術を代表する作家、サイ・トゥオンブリー(1928〜2011)が撮影した写真を紹介する「サイ・トゥオンブリーの写真 変奏のリリシズム」が千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館で開催されている。昨年初の個展が開催されるなど、近年日本でも改めて注目を集めている ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤羽末吉さん、写真展開催 – 毎日新聞


赤羽末吉さん、写真展開催
毎日新聞
... 「スーホの白い馬」(福音館書店)で知られる絵本画家の赤羽末吉(1910〜90年)が、第二次世界大戦が終わる2年前に内蒙古(現中国内モンゴル自治区)などで撮影した写真約90点が31日から、東京都内で初公開される。統制の厳しい時代でも、柔軟な視線で風景や民俗 ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原爆と無縁だった写真家、作品で核廃絶訴え オバマ氏訪問に期待 – 日本経済新聞


原爆と無縁だった写真家、作品で核廃絶訴え オバマ氏訪問に期待
日本経済新聞
原爆とは無縁だった一人の写真家が、作品を通じて核兵器が残した惨状を伝え続けている。被爆地や海外の実験場に足を運びカメラを構えるのは、戦後生まれで川崎市在住の新井卓さん(37)。「自分たちなりの平和への向き合い方がある」。オバマ米大統領の27日の広島訪問を ...

and more »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加